オンラインショップ
スタッフブログ
ご予約/お問合せ
03-6661-2709
営業時間
11:00〜18:00
定休日
火・水曜日

ブログ

【vol.1】IKKOさんスペシャル対談番外編!
 さろんど節子  2021/8/13

全国の石田節子ファンの皆さま、はじめまして!

あるときはきものスタイリストとして、あるときはきものセレクトショップの店主として、あるときは着付け教室の校長として、そして、あるときはYouTuber!?として、パワフルに活躍し続ける、我らが“せっちゃん”こと石田節子。

このコーナーでは、ふだん見ることのできない“せっちゃん”の素の姿にググッと迫り、“きものの人”に収まらない、ひとりの女性として、人間としての生きざまにもクローズアップしてみたいと思います。

きもの好きな方はもちろん、きものにはまだ手を出せていないという方もどうぞ、この「サロン・ド・節子」でごゆっくりとおくつろぎください。

それではさっそく、今週のトピックスから参りましょう。

せっちゃんコーデで夏を楽しもう!数量限定サマー福袋&夏物セールスタート!!

いよいよ7月。夏本番ですね。今夏はワクチン接種もはじまり、少しずつお出かけもできそうな気配。

そこで、太っ腹のせっちゃんから、皆さまに粋な計らいが。7月2日(金)にアップされたYouTubeで紹介された通り、サマー福袋が販売されるんです。驚くのはその中身とお値段。

福袋はせっちゃんがコーディネートしたおすすめの一式にお仕立て込みで5万円~30万円。

中にはとても貴重な白鷹上布の反物が入った福袋も。きもの、帯、帯揚げ、帯締めなど、すべてせっちゃん自らセレクト。

お仕立て付きで半額以下という驚愕のお値段は、まさにせっちゃんから皆さまへのスペシャルギフトです。YouTubeではその中身を公開しているのでぜひチェックしてくださいね。

他にも「石田節子のセレクトショップ」では10~50%OFFのサマーセールを開催中。せっちゃんコーデで今年の夏を楽しみましょう!

YouTubeスペシャル対談番外編!“IKKOさんとの忘れられない思い出”

昨年秋に開設以来、大人気のYouTube「きものせっちゃんねる」。皆さまご覧いただいていますか?

石田節子流の着付けやお宝級のコレクションをじっくりと見れる上、女優の柴田理恵さんがゲストで登場するなど、とにかく内容が豪華! 最近では美容家IKKOさんとの対談が公開からわずか1週間で視聴回数1万回を軽く突破するなど注目を集めています。

そこで、「サロン・ド・節子」オープンを記念し、本編では登場しなかったIKKOさんとせっちゃんのマル秘話を特別に公開します。

それでは、「サロン・ド・節子」特別インタビューは~じま~るよ~♬

-せっちゃんとIKKOさんとの出会いはいつ頃?

今から30年ほど前。きもの雑誌『きものサロン』の撮影の現場でよくご一緒していたの。

私が35歳、IKKOさんはたぶん29歳くらいだったと思う。

私は池田重子さんの元から独立してきものスタイリストの道を歩み始め、IKKOさんも同じようにフリーランスのヘア&メイクアップアーティストとして独り立ちした頃でね。

IKKOさんが女優さんやモデルさんのヘアメイクをしたら、次は私がきものの着付けをする。同じ時期に裏方で一緒に腕を磨いてきた仲なの。

―当時のIKKOさんの印象は?

そのときから、個性が強かった(笑)  存在感というか人を引き付けるオーラのようなものがあるから、裏方には収まらず、絶対に表舞台に立つ人だという予感はありました。IKKOさんは、明るくて面白くて、そして気配りができる。それと、面倒見がとってもいいの。

10人くらいいるアシスタントをみんな寮に住まわせて、仕事をきちんと与えて生活させて。「人がいい」では済まされない、責任感と仕事への情熱、人への愛情があるからこそのことだと当時から思っていました。

―そんなIKKOさんとの忘れられない思い出とは?

2005年に私が『ソロモンの王宮』というドキュメンタリー番組で取り上げられたときのこと。放映後、いちばんに「観たわよー!」と電話をかけてきてくれたのがIKKOさん。「先生、すごいわー!」「さすがだわー!」って。そんな素直さやマメさは今も昔も変わらない。

心が優しくて、義理堅く、そしてとっても真面目なの。誰かがコンと咳をしたら、すぐにお茶を用意したり、「こっちの椅子のほうがラクよ」とさりげなく気遣ってくれる。仕事でお世話になった方への手書きのお礼状は今も欠かさない。そして、常に学ぶことを心がけて、それを継続させる。

“書”もそうですよね。今回、YouTubeにご出演頂いたあとにも、手書きのお礼状を頂いたんです。そうした表に見えない部分で地味にコツコツ積み重ねるところこそ、IKKOさんらしいなと思うんです。

対談でも、「白鳥のように人が見えるところでは優雅でありながら、水面下では一生懸命水を掻いている」って言っていたでしょ。まさにそれ。

私はどちらかというと、「面白そう!」と思ったことはすぐに飛びついてあっち、こっちと手をつけたくなるの。

人に見えているところでもいつもバタバタ(笑)。似ているところ? そうねぇ。お互い仕事が好きで面倒見がいい。そして、欲がないところかな。

IKKOさんとせっちゃんのきもの談議は、YouTubeでじっくりとご覧くださいね。

◆IKKOさんとのスペシャル対談本編はこちらから↓
【美容家IKKOさん×石田節子】<前編>

【美容家IKKOさん×石田節子】<後編>

「サロン・ド・節子」の記念すべき第1回、いかがでしたでしょうか。これから毎週月曜日に配信してまいりますのでぜひ、お楽しみに☆

 

せっちゃんにこんなこと聞いてみたい!といったご質問、ご相談、お悩みがあればどしどしお寄せくださいませ。おきもののこと、人生のことなんでもどうぞ! お待ちしております。

関連記事

テーマ別

人気記事


体験レッスン 着付けオーダーメイドレッスン 一括プラン 撮影サービス 作り帯
お問合せ